一人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!

 

子豚の飼育係をしていた頃。
飼育係の仕事を続けながら、空いた時間を利用して収入を得る道を模索していました。


内職ワーク、パートタイマー、資格試験への挑戦など

様々な可能性に挑戦。

そんな中、商工会議所で行われた、
女性のための起業塾にも参加してみました。

女性のための起業塾は、土日を利用して全5回の講座が行われました。


起業への夢を実現しようと、無謀にも野望に駆られて挑んだわけです。


なぜなら「起業」は、私にとって憧れの選択肢だったからです。

誰からも雇われず、時間も場所も選ばず仕事ができるのは、「起業」がベストだったのです。

しかし、当時は、とてつもなくハードルの高いものに感じていたのも事実です。

せっかく受講した商工会議所の女性塾の講座内容もちんぷんかんぷん。


コンサルタントの先生が解説する
事業プランやら、融資計画やら、セグメントやら、専門技術やら、組織化やら、


当時の自分にとってどれもこれも自分が一生かかってもできないと思っておりました。


サラリーマン家庭で育ち、
サラリーマンを長く経験し、
専門技術もなく、
商売の経験なども全くないせいもあったかもしれません。

子豚の飼育係さえも泣き言を吐きながらやっていた私は、絶望的な気持ちにすらなりました。


「あぁ、やっぱり起業なんて私にはムリだ!!」
「実現不可能な夢物語だ!!」
「どう転がってもダメだ」

商工会議所の女性起業塾に向かう途中、
たまたま通りがかった本屋で飛び込んできた本がありました。


1人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!


その本のタイトルが衝撃的で、
講義中も気になって、気になって
そわそわしていました。

講義が終わるとその足で本屋に立ち寄り、お目当ての本を片手にレジに直行。

電車の中で一気の読み、

「あ、これなら私でも起業できるかも」と俄然やる気になりました。

本の内容は、

凡人が起業する方法を、ステップバイステップで解説しているものでした。

本の内容もさることながら、
作者の西田さんも、私と同じようにサラリーマン家庭から何の取り柄もない状態で起業したという現実も共感できました。

西田さんと置かれた現状は私も同じ。
一般のサラリーマン家庭に生まれた、何の取り柄のない状態。

西田さんにできたのだから私でもできるかも、という自分勝手な?理屈ができあがり、

自信が生まれ、起業するというハードルが一気に下がりました。


エベレストを目指そうと孤軍奮闘していた私は、
近くの公園にハイキングに出かける感覚になり、

これから自分が何をすればよいのかが見えてきました。

早速、ホームページ作成ソフトを購入し、
ネットショップを開業。

起業の夢があっという間に実現していました。

あれから10年。

ホームページ作成とネットショップ開業を生かして、インターネットやパソコンを使った仕事で企業とも取引させていただくことができるようになりました。


子豚は小学生になりました。
私も、飼育係から母親、一人社長へと成長することができました。

「年収1000万円」まではまだ届きませんが、
この本と出合わなかったら今の現実はなかったと思います。


もし、あなたが
サラリーマン家庭に育ち、
何の取り柄もなく、
凡人で、
起業したいけど、くすぶっているなら
一度お読みになると良いかもしれません。


この記事はクラウド請求書作成管理サービス「Misoca」の『独立する人を応援するブログコンテスト』にエントリーしています。