コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングとは、自社商品やサービスを使ってもらいたいターゲット層を理解し、彼らが必要としている情報を顧客にとって最適なコンテンツとして提供し、尚且つ、購買につなげる行動を引き起こすためのコンテンツであること。

「コンテンツ」と言うと、ゲームやアニメーションなど商品と関係のないエンターテイメントを連想する人もいるようですが、一般の企業がコンテンツマーケティングを行う場合、それがブランドを汚すかもしれないという可能性もありますので、一般的なコンテンツとは明確に区別する必要があります。

コンテンツマーケティングを通じて、ターゲットとコミュニケーションを摂り、それがターゲットの購買行動につなげるようにするための関係を作るツールと考えてもらうと良いかもしれません。

ターゲットの心をつかむ、ファンになってもらうための関係をコンテンツを通して行うことです。

 

コンテンツマーケティングを取り入れる前に注意すること

コンテンツマーケティングに力を注いだものの、ターゲットが顧客に結びつかない、それどころか、ターゲットに読んでもらえないという問題が起きています。

なぜなら、ウェブ上のコンテンツは爆発的に増える傾向にあり、無料で読めるため、多くのコンテンツが使い捨ての状態にあります。

一昔前なら、市場を独占するのも可能でしたが、今はそれすらも難しい。

ターゲットに見つけてもらうことすら厳しい状況です。

それは、コンテンツマーケティングを成功させた一昔前の世代のせいかもしれません。

成功事例があまりにもお粗末だったため、そんなもんで良いのか?だったらうちでだってできるじゃないか?と市場のニーズを誤解した企業が大量に薄いコンテンツをウェブ上に投下したせいでもあります。

一部のブロガーの間でアクセス集めのためにやられた施策、「タイトルで釣り」→「中身で炎上させ」→「逃げる」というパターンが「またか・・・」という具合に、ユーザーに飽きられているのもこれまでのやり方が通じなくなっている状況を表しています。

中身のないコンテンツを作りすぎない、

ユーザーの心を動かさないコンテンツはいくら量を作ったところでダメだということに気付くべきです。

ありきたりの中身の薄い記事を大量に津作のはもうやめた方が良いですね。

具体的にどうするのか?

では、具体的にコンテンツマーケティングを成功さえるためには何をすべきか?

それは、雑誌の編集者を視点とマーケッターの視点を併せ持つことが大事になってきています。

マーケッターとしての視点

マーケッターとしての視点は、ターゲット層が気づきにつながるコンテンツを提供していきます。

ターゲットの悩みに対するアドバイスが的確で、ターゲットが必要とすコンテンツがあれば、ターゲットに見つけてもらいやすくなり、何度も訪問してもらえば、ターゲットを顧客に育成することもできます。

その点を踏まえて、とるべき具体案は

1、常にターゲットを意識する

2、ターゲットが多くいる場所で情報発信する

3、情報発信=コンテンツは常に高いものを提供する

4、ターゲットを育成するコンテンツを作る

などです。マーケッターは市場がある場所に入り込んでいくのと同時に、市場を創造する役目もありますから、ターゲットとコミュニケーションする機会を作ることも大事ですね。

雑誌の編集者としての視点

スマートフォンの利用増加と同時に、ウェブ閲覧者の数も増えています。

パソコンは無いけど、スマートフォンはある、またはパソコンはめったに開かないけど、スマートフォンなら気軽にちょくちょく使うという層が増えています。

雑誌媒体も、ウエブ市場に参入し、今では紙媒体とウェブ媒体の同時変更を行っている雑誌社も少なくありません。

ウェブ媒体に雑誌が本気で乗り込んでくると、これまで適当に記事を配信しているだけだったウェブメディアは市場を奪われてしまうでしょう。

そのため、これまで一般市場を動かしてきた雑誌のやり方、ノウハウを取り入れる必要があります。

その雑誌編集者としての視点を具体的にあげるとすると

1、ターゲットに何を伝えるのか?伝えたいのかを明確にする

2、あなたのメディアに訪問してほしいターゲットはどんな人かを明確にする

3、彼らのどんな問題を解決できるかを明確にする

4、そのターゲットは何をしてほしいのかを明確にする

5、競合他社と区別したい点は何か?

6、上記の目的を果たすためにどんなコンテンツをターゲットに呼んでもらうべきかを考える

これらのポイントを抑えてコンテンツを作っていく必要があります。

コンテンツマーケティング成功事例